システム手帳完成

お久しぶりです。
システム手帳は1ヶ月前に完成していたのですが、作り終えた時点で燃え尽きました(;・∀・)

前回の続きです。
システム手帳を作りました。
⇒(その1)システム手帳(メモ)
⇒(その2)システム手帳(メモ2)
前回は皮革ハギレからパーツを切り出しましたので、
今回はそれを手縫いで仕上げていきます。

まずは前回切り抜いたハギレを、縫い合わせました。


▲手縫い前

▲手縫い後
後ほど付ける内側パーツのお陰で、縫いしろが足りないと思った場所も問題ありませんでした。

次はシステム手帳の金具を取り付ける部分を革漉きをして薄くします。
そこで登場するのが新アイテム!ペディです

使い方は簡単。ガッといきます。
ただ、角度によっては漉きすぎてしまうことがあるので
ガッと行く前にいらないハギレで試し斬りを忘れずに。

▲こんな風に漉きます

▲革漉き完成。
0.7mm以上の革はこの部分を漉かないと金具がはまらないみたいです。
革包丁で漉くには困難な場所ですので、ペディが大活躍。
金具の出っ張り部分は、他の部分よりも漉いておくと金具をつけやすくなります。
(片側だけ漉きが不十分だったので、反対側だけがはまってしまい、後で苦労しましたヽ(´Д`;)ノ)

漉きが終わったら、バネホック(小)をつけ、留め具を縫い付けます。(写真取り忘れ)

そして、手縫いで周りをぐるりと縫っていきます。
縫う前の穴あけは、菱目打ちだと音が気になるので
菱目打ちを押し付けて跡を付け、菱錐で穴を開けます。

▲フェルト板を敷き、菱錐で穴を開けています。革を2枚重ねると穴がずれてしまうので、内側と外側のパーツは別々にあけています。

穴を開けて縫い終わったら、あとはシステム手帳の金具を取り付けるだけ。

完成品


▲シンプルすぎる内側。でも予定通り平置き出来るタイプになりました

▲外側。金具部分の見栄えはイマイチですが、使い勝手は問題なし

▲100円ショップで買ったリフィルをつけてみました。

▲閉じた状態。それっぽい(^ω^)

感想

当初の予定通り、開いたときに使いやすいシステム手帳になりました。
手に持つと皮革が少し柔らかくて若干書き辛いですが、下敷きリフィルを買えばなんとかなりそう。
満足できる仕上がりで良かったです(´∀`*)

参考リンク


馬革 サドルレザー【ホース ヌメ革】ハギレ500グラム袋詰め

名入れが可能!送料無料! ダ・ヴィンチ シンプルアンドファンクション …

etrangerdicostaricaミニレフィルセクションホワイト

コメント

トラックバック

  • 人気記事ランキング

  • お気に入り

  • スポンサー


Copyright © 2008-2017 レザークラフトしてます。 All Rights Reserved.